2012年03月26日

■輪廻のラグランジェ【第12話】またいつの日にか、鴨川で


輪廻のラグランジェ



輪廻のラグランジェ #12の視聴感想です。

訪問団。
輪廻の輪。
渚。
花。
誓い。
手紙。
私たちの出逢いにもきっと意味がある――



人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑さぁポチッとな



■スタッフ
原作・制作協力:Production I.G/総監督:佐藤竜雄/監督:鈴木利正/シリーズ構成・脚本:菅 正太郎/脚本:森田繁/野村祐一/大野木寛/待田堂子/梅原英司/キャラクター原案:森沢晴行/キャラクターデザイン:乘田拓茂/小林千鶴/オービッドデザイン:日産自動車 グローバルデザイン本部/[大須田貴士/菊地宏幸/村林和展]/メカ総作監:松村拓哉/CG制作:グラフィニカ/プロップデザイン:原由知/美術監督:渡辺三千恵/色彩設計:関本美津子/撮影監督:青木隆/3Dディレクター:白井宏旨/編集:坂本久美子/音響監督:明田川仁/音楽:鈴木さえ子/TOMISIRO/アニメーション制作:XEBEC/製作:ラグランジェ・プロジェクト/



■キャスト
京乃まどか:石原夏織/ラン:瀬戸麻沙美/ムギナミ:茅野愛衣/キリウス:野島健児/イゾ:吉野裕行/アレイ:松岡禎丞/ヴィラジュリオ:中村悠一/ディセルマイン:小野大輔/モイド:興津和幸/中泉ようこ:能登麻美子/中泉浩:浜田賢二/芹沢颯太:井口祐一/田所正蔵:保村真/渡部えり:田中理恵/上原はるか:藤村歩/ジェイムズ・ロウ:川田紳司/野上さち:山口立花子/近藤みち:三森すずこ/岩淵まちこ:浅倉杏美/高倉えりか:南里侑香/五十嵐しょうこ:野水伊織/葛原ともえ:森谷里美 /



■OP&ED
OP&EDテーマ:『He『TRY! UNITE!/Hello!』中島愛



輪廻のラグランジェ12-1

■アバン
広大な宇宙、永久の時間……
出逢えたのは奇跡なのか?運命なのか?
私たちの出逢いにもきっと意味があるから――

うわぁ……何、このユリユリしい展開は!?
ハハハ!ラグりんはBLUE DROPの系譜だとでもいうのか!ソッチの二期はないのか!?(マテ
ということで映研撮影【浜百合と宇宙船】乞うご期待!!(笑

っていうか!
あの戦いはどうなった!姐さんは無事なのか!ムギナミは何処行った!
いったい何がどうしてこうなったんだってばよ!?



輪廻のラグランジェ12-2

■OP
あれ?いつものエンディングじゃないですか!
改めて。
ホント3人揃ったときのまどかは嬉しそうだよね♪



輪廻のラグランジェ12-3

■Aパート
レ・ガリテからの訪問団って何さ!ウォクス回収部隊がそういう扱いになっちゃったのか???
2週間も時間が経過してるかと思えば、ランの正体もみんなにバレたどころかお別れ会やってるし。
しかも宇宙の超技術といえど極長距離星域間移動は簡単じゃないらしく、地球再来は難しいかもしれないとか……
みんな泣いちゃいましたが、嘘を言えないのがランなんですよね。

でも何故ムギナミがいない?
部屋はそのままに、りんごのオブジェが寂しげで……

まどかとランは鴨川乙女の要所【誓いの丘】に。そこから見た鴨川は夕陽に染まり美しくて……
「私たちはこの鴨川で、いつか必ず再び出逢うことを誓います」
「誓います」
誓いの証の南京錠を取り付けて再会を約束。二人の心残りはムギナミのこと。
また会えると信じていても心配なんでしょうね。いったい何があったのでしょうか?


輪廻のラグランジェ12-4

あの日あの時――

ラグランジェの花が舞い落ち、開いてしまった輪廻の輪。
厳しい表情を浮かべるアステリア。アウラの戦闘許可を出したことを後悔しているのかもしれません。

まどかは戦闘により自分自身が傷つくことは覚悟していたようです。
しかし、戦いの外にいるはずの大切な人たちが傷つくことは許容できない。痛みは全て自分自身が背負うつもりでいたのでしょう。
そんな想いが痛みが伝わった為かランとムギナミは意識を失い……
呼応するのように3体ウォクスは繋がり、まるで溢れ出た想いが輪に吸い上げられていくよう。

ヴィラジュリオはやはりウォクス破壊ありきのようですね。
発動したウォクスを相手にして、クロスレンジは結晶化、ロングレンジは攻撃無効化と。
対応に苦慮するそのときエネルギーの膨張が始まっていく!

開いた輪がその大きさを広げていく!
ダメトリオも自分達が求めていたモノの異様さに唖然と呆然と愕然とするのみのよう。
いったいこれから何が始まるというのか!伝承のようになってしまうのか?!



輪廻のラグランジェ12-5

■Bパート
キッス艦隊は輪に徐々に引きずり込まれていっているよう。
まさか臨界出力でも影響下から離脱できないとは……(汗

ファロスでは……
モイドが状況を問い質した田所に本性を一瞬晒しておりました(笑
その表情はまるで御伽噺に出てくる狡賢いキツネのようですね(ぉ
クルー一同ドン引きです。もう誰もモイドの言葉に耳を貸さないでしょう(苦笑
モイドを見切った田所指令、上原に通信を再確認させると……アウラからノイズが!?

アステリアは輪廻の輪が開いてから表情を変えず、ただ凝視するのみ。
アウラ発進をただの失策とするならファロスと連絡をとりそうなものだけどそうはしない。まるで何かを待っているような、いや見極めようとしているのかな……?

不思議空間――
満天の星の下の海と砂浜。宇宙の渚とでも言うような場所で想いを馳せるまどか。

守りたい人たちがいる……だから!でも、本当に私でよかったのか?私で出来るのか?そんな不安。
「無理って言ったら止めちゃうのか?」
傍らに立ち女性は?その迫力はようこ姐さんに通じるモノがあるなぁ。あ……もしかしてユリカノか!?
まどかが選ばれた事実。出来るかは未知数。全てはまどか次第……という。

ユリカノと入れ替わるように世界に帰って行った人物って誰でしょうね?
「もう一度やってみる……ってね」
そんな決意をしながら輪廻に立ち向かうような人物は……

その人物とは別の決意をしたユリカノ。
「此処にいることが自分が選んだやり方だから」
ユリカノは此処に残り何を成そうとしているのでしょう?気になります。

「って……だれ?」
まぁまどかはユリカノのこと名前しか知らないものね。キリウスのことも分からないまどかならピンと来ずとも仕方ない(笑
だけど彼女の言葉はカッコイイ。それはきっとジャージ部の精神にも通じるモノだから……
立ち上がったまどかは――


輪廻のラグランジェ12-6

ランとムギナミに呼びかける!手を取り合って!!輪の中に飛び込んで行く!!!
禍々しい赤黒い穴は、清浄なる光に包まれるように、巨大な花が開いていく……ラグランジェの花が!!
もしかしてコレが真の輪廻の輪の姿なのかもしれませんね。

「アウラ……」
モイドの呟きは、アウラ急成長への驚嘆なのか?それとも“アウラ”には機体名以外の意味があるのか?

「美しい……」
アステリアさん、その呟きはまどかのことを素直に認めてしまったということですね(笑
まちこ先生・さち・みちの応急手当で、ようこ姐さんも一命を取り留めたようです。
「少しは見所ありそう?」
「えぇ、トンでもない娘ね」
はい、アステリアの微笑みいただきました♪


輪廻のラグランジェ12-7

踊るように飛ぶ3体のウォクス。
まどかがようこ姐さんの無事をみどりに伝えたとたん……なんで動かないみどり!?
外の風景が見えているということは完全にシャットダウンされたわけではなさそうです。
ウォクスシステムだけがダウンしたということでしょうか……???
と同時に輪廻の輪も閉じ巨大な花も塵と消えて……

そこにここぞとばかりにヴィラジュリオが突っ込んでくる!!
その眼で確認したウォクスのチカラ!秘めたるチカラを消去する為に!!全てはデメトリオの民のために!!?
立ちはだかるランとムギナミを軽くいなして動けないアウラに迫り来る!!まどか絶体絶命!!!

……え?
突如貫かれたのはヴィラジュリオが駆るアルヴィリウム。
そこに現れたのはレ・ガリテ艦隊!……だけではなくディセルマイン自らがマグレーグルで出撃だと!?

一転絶体絶命のヴィラをムギナミはやはり放っておけなくて。
ヴィラを救いたいムギナミとムギナミを救いたいまどかとラン。であればこのままムギナミの事は見送ることしか出来ない!
まさかこんなカタチでの突然の別れとなるなんてなぁ……



輪廻のラグランジェ12-8

――そんなコトがあった2週間前。
きっとムギナミを探して帰ってくると誓うラン。なんだかんだいってもこの二人も仲いいものね(笑
それにきっと……ヴィラジュリオのこともランは心配しているんじゃないかと思う。そしてその真意を知りたいのではないかなぁ。

繋がれた手は名残惜しそうに徐々に離れていって。
「またね!」「バイバイ!」
別れの言葉は、いつまでも、遠くまで、聞こえるように……
手は離れても、言葉は届かなくても、その絆はいつまでもどこまでも――

「まーーーー………うぁぁぁぁぁ(泣」
もしかして…初めてマルを最後まで書ききれなかった……?
今は未だ悲しみと寂しさと不安で押し潰されそうなのかもしれませんね。


輪廻のラグランジェ12-9

ムギナミとランが地球を去り、夏が過ぎ去って秋も終わりを告げる頃――
まどかはひとりジャージ部で活躍中!運動部も文化部も助っ人稼業に燃え上がる!
競技カルタ!?今は〜ちはやふるおも〜い♪アレとは読み手の落差が(ぉ
まちこ先生経由で届いたジャージ部への手紙って……差出人は誰さ!?

みどりは未だ動かず原因不明。まどかは疲れたのだと思っているようです。意外と合ってたりして(え
モイドはランやディセルマインと共に帰ったようです。その為か田所は気が抜けたトカ……ダメだろう!
ってことは、レ・ガリテはリンファだけ回収していったのでしょうか???
ようこ姐さんは傷痕なんぞ気にせず元気にアステリアと仲良くしているようです。

ようこ姐さんは、あの日のまどかの不思議体験をアステリアに伝えました。
「そう…あの娘も彼女と……」
やっぱりユリカノと入れ替わるように戻ったのはアステリアのようですね。
アステリアのことを知りたいというようこ姐さんの言葉に、徐に水着のムネに手を掛けて……
なっ!メモリアだと!?
なるほど。あの渚にいたわけだからメモリアが刻まれているのは必然ですね。
「私はこの宇宙を安寧と惨禍で拵えた永久のループに引き込んだ魔女」
彼女の言葉からするとアステリアが輪廻を開いた最初の者?伝承の当事者ということですか!?
そしてまどかに輪廻を断ち切る可能性を見出したと。だからまどかを“鋏”と呼んだのですね。

おおっと!助手が座っていたベンチの下にラグランジェの花が!?
輪廻の花が地球に根付くということにはどういう意味があるのでしょうか?

ダメトリオは地球に残り、B.W.H.でバイト生活のようです。
アレイは男の娘メイドを貫くのかよ!キリウスとイゾは執事服!?B.W.H.はいったい何処に向うのデスカ!?(笑
……ってか、住み込みなんでしょうかね?(え

まちこ先生経由の手紙はムギナミから!?
何処でどういう形だったのかは分かりませんけど、ランと再会できたんですね♪
そして、イロイロ話して、ケンカして、仲直りして……すればするほど好きになる。

『いつか必ず鴨川の町に帰るから、そしたらまた、いっぱいいっぱいケンカしようね。
 大好きなまどかちゃんへ――』

「まーーーるっ!!」
何処にいてもどんなに離れていても3人の絆は切れることはないのだから♪
いつも以上に描かれた円の軌跡は、別れに不安だったあの日を払拭する為だったのかもね。
あれ?この手紙はどうやって鴨川まで届いたんでしょうか??謎だ……???

そして……
第一話を思い出させるように、困っている人のために海に飛び込んで行くまどか。
秋も終ろうとしている冷たい海でも、ジャージ部の熱き魂は冷め遣らぬ!ジャージ部はいつでも何処でも活躍中!!



輪廻のラグランジェ12-10

■アイキャッチ&エンドカード
エンドカードイラスト:依河和希
あぁラストシーンの後を絵にしたのね(笑



┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛



いやぁいきなり2週間後だのレ・ガリテ訪問団だの言われた日にゃぁどうしてやろうかと思ったよ(笑
アバンもさぁ、前回のあの終わり方から宇宙だ時間だなんて始まったら如何にもと期待しちゃうじゃないの(ヤラレタ
とはいえ、あの語りは意外と重要な気もしなくもない感じを受けたわけだけど。じゃなかったらわざわざラグランジェの花なんか使わないよね。ね?


とりあえず、前回の続きであるはずの戦闘部分。
まどかたちが関わっている部分だけを描写して、ディセルマインが登場後はバッサリと割愛したコトはある意味スゴイなと思う。
いやぁそりゃ気になりますよ。レ・ガリテ本隊地球到達後のイロイロなことはさ。ランの帰国決断課程トカ、ディセルマインとモイドの悪巧みトカ、ムギナミとヴィラの逃避行の行方トカ……そりゃモロモロとさ!!

そんな中でランとまどかの別れを描いてくれたのは救いだったかなぁ。ホント再会を願ってあげたくなりましたよ。
よくよく考えればランとムギナミのまどかとの出逢い方が、そのまま別れ方にも反映されているような気がします。
じっくりと不器用な出逢いで徐々に仲良くなっていったラン。別れはやはり別れ難く後ろ髪引かれながら離れていく。
いつの間にか出逢いスパッと仲良くなったムギナミ。別れもやはり突然で声を掛けることもできずに察してあげることだけ。
それぞれの仕方のない別れとなってしまいましたが、ランとムギナミは再会を果たし、ムギナミはまどかに手紙を送った。
そして、まどかはその手紙を読み、途切れることのない絆を“まる”を確信した。だからきっとこの3人は何があっても大丈夫だろうと思えます。

今回イチバン気になったトコロ。
あの渚での会話やアステリアの言動ですよネ。
ついに出逢ったまどかとユリカノ。まぁまどかは誰なのか分かっていませんが(苦笑
そして、ユリカノはアステリアとこの渚で出逢いほんの少しの会話を交わしたようです。
で、アステリアはまどかに輪廻を断ち切る鋏としての役割を期待している。

……あ、ふと運命の三女神が頭に浮かんだり(ぇ
輪廻の糸を紡ぎ出したアステリア、輪廻の境のような渚に残り見続けるユリカノ、鋏として輪廻を断ち切る役割を担うまどか……
それぞれクローソー、ラキシス、アトロポスみたいじゃないか(ぇ
……妄想ですよ?戯言です(笑

そこにようこ姐さんを加えるとまた面白い。
アステリアとようこ姐さんは、アクが強いのに意気投合した似たモノ同士。
ユリカノのエールはどこかようこ姐さんを髣髴とさせる言動でありました。
まどか自身、ようこ姐さんに憧れ強く影響を受けている。
そして、ようこ姐さんもアステリアもユリカノも、揃ってまどかの背中を期待を込めて押してくれる。

まどか、アステリア、ユリカノがカギとなるのは間違いないでしょうが、ようこ姐さんにもまだまだ役割があるような気がしてなりません。
なんたってアステリアが自分の秘密を打ち明けたわけですしね。できればユリカノとようこ姐さんの会話というのも聞いてみたくありますね(笑


ところで。
ウォクス管制・上原が聞いたノイズですが、アレってきっと波の音だったのではないかと。
だとすれば、あの不思議空間はウォクスの内部で発生した事象ということになりますね。
もし脳内だったり、精神世界だったりであれば上原には分からないことだと思うのですが……
まぁしかし、心の声まで受信しちゃうウォクスですから一概には言えないかもなぁ……(ぉ


そいでもって。
ウォクスですが結局のところ三陣営に一機ずつということになったのでしょうか……
まどかのアウラはファロスに、ランのリンファはレ・ガリテが回収していき、ムギナミが乗っていったイグニスは結果的にキッスへと……
ファロスとレ・ガリテはとりあえず於いといて。
ムギナミのイグニスをキッスは……というかヴィラジュリオはどうするのでしょうね。まさか破壊するとは考えにくい……最大の理由はメタ的に!!(ぉ

ようこ姐さんの三位一体理論からするとこの状況ってかなりマズイのではないかとも思えます。
でも搭乗者同志の心が通じ合ってるから逆に安全とも言えるのかしら???(えー
なんにせよバラけたウォクスがどういった影響を受けるのか気になることではありますね。


まぁそんなこんなで1期最終回となったわけですが。
明かされていない秘密ばかりか新たな謎まで提示してくれちゃったりして、このムネのモヤモヤどうしてくれるのさ!
まぁホントならこのまま後半戦突入で駆け抜けて欲しい気もしますが、イロイロと大人の事情もあるのでしょうし、期待値だけはアゲアゲにしておきたいと思います。
上がりきる感のあるハードルですが、ラグりんスタッフなら軽々飛び越える斜め上な展開で魅せてくれると信じます。
提示された謎と利用できる設定のどれとどれをどういう風に組み合わせていくのか……
2期スタートを楽しみにさせていただきますネ♪




人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑次回視聴感想への気合を下さいな。







posted by 露羽 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(25) | ■輪廻のラグランジェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

輪廻のラグランジェ TokyoMX(3/25)#12終
Excerpt: 第12話 最終回 またいつの日か、鴨川で ラグランジェの花が降る。何でお姉ちゃんが、皆が・・・どうして大切な人ばかり。まどかの動揺がアウラに伝わったのか 他のウォクスも同調する。3機に異変が起こる。ヴ..
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2012-03-26 07:32

輪廻のラグランジェ 12話「とりあえずの1期最終回。ランやムギナミともお別れです」(感想)
Excerpt:   輪廻のラグランジェは 輪廻の花を咲かせる話だったのかもしれません。 全ての輪廻の根をまどかは断ち切れるのか。 2期の見どころはそこにあるのでしょう。  
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2012-03-26 07:43

輪廻のラグランジェ 第12話・最終回 感想「またいつの日か、鴨川で」
Excerpt: 輪廻のラグランジェですが、戦闘などは横においておいて 京乃まどかとランのお別れパーティーがムギナミ不在のまま 厳かに開かれます。骨付きチキンにジューシーな檸檬もかけて 頬張りますが、..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2012-03-26 08:53

輪廻のラグランジェ 第12話「またいつの日か、鴨川で」(最終回)
Excerpt: 回想シーンは便利だなあ(ぉ 一体どうしてこうなったww 劇中勝浦トリオのポカーンが代弁してくれてたような。 まあなんとなーくはわかるんですが。 ぼやーっと描いといて回収は2期かな。 モイドさ..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2012-03-26 09:48

輪廻のラグランジェ 12話
Excerpt: ちょっぴり寂しい、お別れエンド。 いや、確かにお別れはお別れだし、まあエンドはエンド、なんだけど。 再会と、新たなる物語を約束した、それは束の間の、さよなら。 地元に根を張るのも、遠い星へ旅立つ..
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2012-03-26 11:03

輪廻のラグランジェ 第12話(終) 『またいつの日か、鴨川で』
Excerpt: 一体何が起こったんだ?前回また輪廻が開いたと思ったら、まどかとランがいちゃいちゃ。こちら自主映画の撮影らしいのですが、あの後一体どうなったんだ状態。しかもランが宇宙人バレして既にレ・ガリテの使者と政..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2012-03-26 11:07

輪廻のラグランジェ 第12話「またいつの日か、鴨川で」
Excerpt: 私達の出会いにも きっと意味がある――。  まどかがランに告白する 何があった? のアバンで始まったw  いきなり2週間後で レ・ガリテ船団と地球に間で平和な交渉も始まってるし(^^; 1期の最..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2012-03-26 11:21

輪廻のラグランジェ 第12話(終)
Excerpt: 輪廻のラグランジェ 第12話(終) 『またいつの日か、鴨川で』 ≪あらすじ≫ 自分たちの戦う真下で大怪我を負ったようこの姿を観て再びウォクスを暴走させてしまうまどか。再びアウラから放たれる光..
Weblog: 刹那的虹色世界
Tracked: 2012-03-26 12:20

輪廻のラグランジェ 第12話 「またいつの日か、鴨川で」 感想
Excerpt: あらすじ キッスの猛攻は鴨川に思わぬ被害者を出してしまった。「ひどいことするなら、わたしにでいいじゃん…!」と絶叫するまどかの叫びに呼応するようにアウラは、光を発し始める。リンファとイグニスも光....
Weblog: 書き手の部屋
Tracked: 2012-03-26 12:21

輪廻のラグランジェ 第12話(最終話) またいつの日か、鴨川で 感想
Excerpt: いきなりのEDにはビビったwww どこからが先週の続きなんだろうと見ていて焦ったしねw ムギナミも出てこないし心臓に悪い最終回でした(笑) 分割2クールだったので、これで終わりでは無..
Weblog: ようちゃん×ようちゃん
Tracked: 2012-03-26 17:38

輪廻のラグランジェ 第12話 「またいつの日か、鴨川で」(最終話) 感想
Excerpt: どんなに遠く離れても…。『輪廻のラグランジェ』、第1期の最終話です。
Weblog: Little Colors
Tracked: 2012-03-26 17:54

輪廻のラグランジェ  12話 「またいつの日か、鴨川で」
Excerpt:  奇 跡 だ と 思 う ?                
Weblog: 烏飛兎走
Tracked: 2012-03-26 17:55

輪廻のラグランジェ 第12話 「またいつの日か、鴨川で」 感想
Excerpt: 輪廻のラグランジェ 第12話「またいつの日か、鴨川で」 感想 今日の日(1期)はさようなら、また会う日まで(2期)
Weblog: かて日記-あにめな生活-
Tracked: 2012-03-26 18:32

輪廻のラグランジェ 第12話またいつの日か、鴨川で
Excerpt: 第12話またいつの日か、鴨川で 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201203/article_21.html ..
Weblog: しるばにあの日誌(新館)
Tracked: 2012-03-26 19:06

輪廻のラグランジェ・第12話
Excerpt: 「またいつの日か、鴨川で」 あの日から2週間。レガリテの訪問団が訪れる中、ランは星へと戻るため、鴨川を去ることに。誓いの丘で再開を約束するまどかとラン。そして、2週間前のことを思い出す…… ..
Weblog: 新・たこの感想文
Tracked: 2012-03-26 19:28

輪廻のラグランジェ 第12話 「またいつの日か、鴨川で」 感想
Excerpt: また会う日まで―
Weblog: wendyの旅路
Tracked: 2012-03-26 19:51

アニメ感想 輪廻のラグランジェ 最終話「またいつの日か、鴨川で」
Excerpt: 「やってみますか、私のやり方!」
Weblog: 往く先は風に訊け
Tracked: 2012-03-26 19:54

輪廻のラグランジェ 第12話(最終話) 「またいつの日か、鴨川で」 感想
Excerpt: 「貴女が好きです。」 え?・・・あれ(´・ω・`)?? いきなり百合展開で始まったヽ(*´∀`)ノ 前回の続きは何処行ったんw? ・・・・・・・って映画撮影Σ( ;゚д゚)!!..
Weblog: Garnet Clover〜ガーネット・クローバー〜
Tracked: 2012-03-26 20:01

すべてはその向こうへ【アニメ 輪廻のラグランジェ #12】
Excerpt: 輪廻のラグランジェ 6 (初回限定版) [Blu-ray](2012/08/24)石原夏織、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る アニメ 輪廻のラグランジェ 第12話(1期最終話) またいつの日か、鴨川で..
Weblog: 腐った蜜柑は二次元に沈む
Tracked: 2012-03-26 20:27

輪廻のラグランジェ 最終回12話「またいつの日か、鴨川で」
Excerpt: また会う日まで―。
Weblog: 新しい世界へ・・・
Tracked: 2012-03-27 01:32

輪廻のラグランジェ 最終回「またいつの日か、鴨川で」
Excerpt: 輪廻のラグランジェ(1) (ビッグガンガンコミックス) まどかとランの別れのシーンで、 脳内に「今日の日はさようなら」が流れよったw というわけで、分割2クールの折り返し地点にして、 一端の区..
Weblog: 明善的な見方
Tracked: 2012-03-27 10:40

輪廻のラグランジェ 第12話 またいつの日か、鴨川で
Excerpt: 輪廻のラグランジェ 最終話。 戦いの結末、そしてランやムギナミとの別れ。 以下感想
Weblog: 窓から見える水平線
Tracked: 2012-03-27 10:47

アニメ 輪廻のラグランジェ 第12話「またいつの日か、鴨川で」感想
Excerpt: アウラの暴走はどうなった?まどかとランは百合展開?ムギナミはなぜ居ない?といきな
Weblog: くまっこの部屋
Tracked: 2012-03-27 21:22

輪廻のラグランジェ 第12話「またいつか、鴨川で」・・・素晴らしいイリュージョンの種明かしは7月で?
Excerpt: 1クール最終話のエンドカードは依河和希[http://audume.com/]さん。『パパ聞き』同様にエンドカードだけは純粋に楽しめたアニメ、というのもどうなんでしょう?(苦笑) さて、ガチ百合の涙の..
Weblog: ボヘミアンな京都住まい
Tracked: 2012-03-28 04:54

「輪廻のラグランジェ」 第12話 最終回『またいつの日か、鴨川で』
Excerpt:  第12話 最終回「またいつの日か、鴨川で」  「あなたが好きです。」  出会いは偶然じゃなく運命だと、ランに好きだと告白する、まどか。  いや、2人でのジャージ部最後の仕事..
Weblog: おきらく委員会 埼玉支部
Tracked: 2012-04-01 09:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。